霊園の基礎知識

大阪の霊園に迫る

宗教・宗旨・宗派の有無、予算の上限、交通、立地など希望条件と優先順位を考えて霊園探しを始めるとよいでしょう。

メインイメージ

霊園の基礎知識

霊園と墓地を意味上区別すると、霊園は広大な土地を有する公園風共同墓地ということになるのでしょうが、最近では霊園・墓地のかわりに霊園という言葉が広く使われていることが多いようです。

霊園は経営形態によって公営、民営、寺社の3つに区分されます。

公営、民営に区分される多くの霊園が宗旨・宗派不問としているのが特長です。

一方寺社でいう宗旨・宗派不問とは外来仏教であれば宗旨・宗派を問わないという意味であることが多いようです。

霊園探しや購入を考えている方はこれを念頭に置いて調べていく必要があります。

公営霊園は費用面で優位ですが、募集調整、申請資格審査や申込期間の設定など制約が加えられるので、交通の便、立地、購入時期、設備、管理など希望条件を考慮すると選択肢の多さや自由度が高い民営霊園はやはり魅力です。

民営霊園の経営母体には石材店から出発し墓地の総合プロデュースへと発展する企業もあります。

民営霊園では石材店が指定されていることが一般的ですから、石材店は決定している、依頼を考えている石材店が既にあるといった場合は石材店から霊園を選ぶ流れとなります。

いずれにしても霊園探しの第一歩は宗教・宗旨・宗派の有無、予算の上限、交通、立地など希望条件と優先順位を大まかに捉え資料を集めることから始めるとよいでしょう。

最後に、私がお勧めする大阪の霊園を紹介します。

Copyright (C) www.historiasdenuestrahistoria.com. All Rights Reserved.

大阪の霊園に迫る